木材博物館は国産材及び、世界中の木材の種類、特徴などをご紹介している木材図鑑です。

内装用木材
このページではフローリング、内壁、天井、室内装飾など内装(造作)用の材料としてに使用に向いている木材を五十音順でご紹介しています。
木材の特徴、価格帯、写真などの詳しい情報は樹種名をクリックしてご確認ください。
ここでは内装材としてひとくくりにまとめていますが、それぞれの目的に応じて求められる特徴は様々だと言えます。例えば、フローリング材であれば、歩きやすい程度のほどよい弾力性と消音性、見た目の美しさや摩耗に対する耐性、広い範囲で使用する事が予想されるので、価格なども重要になってくると思われますし、肌が触れた時に冷たさを軽減させる事などを考えると塗装方法なども大きく影響してきます。
その他にも内装材は人が居住する空間の中にあるものですから、ヒノキやヒバなどの国産針葉樹に代表される人をリラックスさせる良い香りなども大きな魅力のひとつになり、選ぶ基準にもなってきます。
また、木材は内部の含水率を一定に保とうとする性質がある為、水分を吸収したり、放出したりして湿度を調整する調湿機能を持っており、夏であれば暖気、冬であれば寒気を遮断する断熱性などの要素も木材を選ぶ重要な要素のひとつになると思われます。

木材アクセスランキング TOP10
リフォームのe家工房