木材博物館は国産材及び、世界中の木材の種類、特徴などをご紹介している木材図鑑です。

化粧単板用木材
このページでは木目や色調が美しく、化粧単板(突き板)として利用される事の多い木材を五十音順でご紹介しています。
色調や板材や樹木の写真などの詳細情報は樹種名をクリックしてご参照ください。
※化粧単板の解説についてはこのページの下部に記しています。
化粧単板とは通常の板材などをスライスカットまたはロータリーカット(丸太を回転させながら一番外側の表面を剥ぐように切り出す方法)をおこない非常に薄い板を作り、装飾目的で内装部分や家具などの表面に貼って利用するものを指します。
一部では突き板とも呼ばれ、複数の色の違う木材の化粧単板を指物の表面などに並べて嵌め込み、模様としたものは象嵌と言い、こちらも価値の高いものとして今もしっかりと生き続けています。

現在では、この化粧単板ではなく、美しい木目をプラスチックなどに印刷した木目シートの方が何倍も多く見られようになりました。
ホームセンターなどで安価な木目調の棚やタンスを買うとほとんどがこの木目シートを貼った物になります。最近では遠目からは判別できない位、綺麗な印刷を施されたものが出回るようになりましたが、手触りや光の反射の仕方が違うのでそこで見分ける事ができます。
木材アクセスランキング TOP10