木材博物館は国産材及び、世界中の木材の種類、特徴などをご紹介している木材図鑑です。

アフロルモシアマメ科 | 広葉樹

アフロルモシアの板
原産地
アフリカの中部、ガーナ、コートジボアール、ザイール、ナイジェリアに分布しています。
比重
気乾比重:0.69
強度
やや硬い
特徴
アフロルモシア(アフロモシア)は樹高が45m、胸高直径が1mほどに達する、主にアフリカに生育している木で、世界的な銘木であるチークと木理、耐久性、肌目など似ている点を多く持っています。
乾燥はゆっくりと時間をかけて行う必要がありますが良好で、乾燥後は狂いもなく、非常に安定した木材となります。
強度は高く、特に圧縮強さに高い適正が認められます。蒸し曲げの適性は高くはなく、中庸です。
基本的には通直ですが交錯木理がでる事があり、加工時に裂ける危険性はありますが割れはおこりません。釘打ちやネジどめに関しては前述の通り割れる可能性がある為、下穴が必要です。また、チークよりは接着性は高いとされています。
耐久性は非常に優れていますが、湿気の多い状態で鉄に触れると腐食する危険性があります。シロアリなどの虫の害に対する耐性も高いので保存処理などを行う必要はないでしょう。

アフロルモシアはチークの代替材として利用されてきましたが、近年、絶滅危惧種に指定されました。
アフロルモシアの木
その他の名称
アフリカンサテンウッド、アフリカンチーク、アサメラ
学名:[Pericopsis elata]
価格
高価
色調
辺材は乳白色を帯びた淡い黄褐色、心材は伐採直後は金褐色または橙を帯びた薄い色をしていますが、空気に触れるとじょじょに色が濃くなっていきます。辺材、心材の境界は色が違う為、明瞭でハッキリしています。
用途
アフロルモシアは高級家具、フローリングなどの内装、建具全般の他、ボートの建造など幅広く利用されます。
木材アクセスランキング TOP10