木材博物館は国産材及び、世界中の木材の種類、特徴などをご紹介している木材図鑑です。

ウォルナットクルミ科 | 広葉樹

ウォルナットの板
原産地
ブラックウォルナットはアメリカでしか見られない材でアメリカ中央部のみに生育しています。
比重
気乾比重:0.64
強度
硬い
特徴
日本で単にウォルナットといった場合、一般的にはこのブラックウォルナットの事を指します。一時はヨーロピアンウォルナットの代替品として見られていた時期もあったようですが、今は優れた木材として認識されており、高い地位を確立しています。

樹高は30~40m、胸高直径1.2~1.8mに達し、樹幹は真っ直ぐに伸び、廃材率が極端に低いという特徴を持っている事から、そういった視点から見ても木材としての価値が高い樹種だといえます。

材質の特徴は割れにくく、非常に加工性の良い木で、塗装をしなくても表面がウォルナット特有の艶のある美しい濃い茶色がでる為、見た目的にも申し分のない木です。

乾燥の際には注意が必要ですが、乾燥後の狂いは少ない。
釘打ち、ネジ止めも問題なくでき、表面を美しく見せる為の艶出し材なども非常に良く吸収します。耐久性にも優れており、心材は虫の被害も受けにくいようです。

マホガニー、チークと並び賞される世界的な銘木で、家具の材料としては特に評価されています。
ウォルナットの木
その他の名称
ブラックウォルナット、アメリカンウォルナット、バージニアウォルナット、ブラックヒッコリーナット、ウォルナットツリー、カナディアンウォルナット
学名:[Juglans nigra]
価格帯
やや高価
色調
辺材はほとんど白に近い色で、心材伐採時は薄褐色ですが、時間が経過することで暗茶褐色に変わっていきます。
用途
ウォルナットは高級感のある色調と木目を持つ材なので、家具材や彫刻、化粧単板として重宝されています。
内装材として利用する場合は化粧単板を用いる事が多いようです。
その他、特殊な用途としては銃床、楽器の材料などがあげられます。
木材アクセスランキング TOP10