木材博物館は国産材及び、世界中の木材の種類、特徴などをご紹介している木材図鑑です。

アガチスナンヨウスギ科 | 針葉樹

アガチス写真1
原産地
東南アジア。
マレーシア、ベトナム、カンボジアに多く分布
また、オーストラリア、ニューギニア、ニュージーランド、フィジーに同種の木が生育しています。
比重
気乾比重:0.44~0.58
強度
並~やや硬い
特徴
アガチスは特定の種類の名前ではなく、ナンヨウスギ科アガチス属の落葉高木の総称として用いられている為、現在、約20種がアガチスと呼ばれており、樹種というよりひとつのグループ名として使用されています。
アガチス属の木材は木理はやや通直で肌目はやや緻密です。独特な光沢を有しており、針葉樹でありながら、広葉樹のような特徴を持つと言われています。
加工は容易で道具の刃先を鈍らせる性質もない為、加工性は高いのですが、アテの多いものは乾燥時に反りや割れを生じやすいので注意が必要です。乾燥後は安定した材となります。また、釘打ち、ネジ止めとの相性も良好な木材だと言えます。
虫の害を受けやすいものもあり、耐久性も中庸な為、屋外での利用にはあまり向いていません。

ニュージーランドに住むマオリ族はカウリパイン(アガチス)が樹高が45m、胸高直径が4mという大木に成長する事から畏敬の念を込めて、「森の王様」と呼んでいるそうです。
アガチス写真2
その他の名称
ナンヨウカツラ、クリンキーパイン、カウリパイン、ニュージーランドカウリ、イーストインディアンカウリ、フィジアンカウリ
学名:[Agathis spp.]
価格
不明
色調
辺材、心材の区別はしづらく、共に淡黄褐色から桃色を帯びた淡灰褐色、えんじ色など様々な色をしています。
用途
アガチスは家具用としては箪笥のひきだし(抽斗)側板として使われ、重厚な色調を活かし、彫刻を施した玄関のドアの材料としても利用されます。

建材としても長押、敷居の材料として使われます。

楽器の材料としても利用される事があり、ギターのボディー材としての利用が有名です。

等級の低いものは梱包用木箱や合板、木枠などに使用されます。
木材アクセスランキング TOP10