木材博物館は国産材及び、世界中の木材の種類、特徴などをご紹介している木材図鑑です。

ローズウッドマメ科 | 広葉樹

ローズウッド板目
▲ ローズウッドの板目
ローズウッドの板
原産地
ローズウッドはインド南部、及びインドネシアに分布しています。
比重
気乾比重:0.75~0.85
強度
非常に硬い
ローズウッド柾目
▲ ローズウッドの柾目
ローズウッドの木
その他の名称
インドローズ、インディアンローズ、インドネシアローズ、ソノケリン
学名:[Dalbergia latifolia]
価格
希少
色調
辺材は灰白色、心材は暗赤紫褐色で、辺材、心材の境界は明瞭で見分けやすい。
特徴
ローズウッドは紫がかった独特の色調を持った、とても硬い木材で数ある木材の中でも非常に価値の高い材料として重宝されており、現在ではある程度の幅の取れる物は入手が困難な状況となっています。

ローズウッドは薔薇のような香りがする事でも有名で一般的にはインドローズの事を単にローズウッドと呼んでいるようです。
名前の「ローズウッド」の「ローズ(薔薇)」の部分は木材から放たれるこの独特の香りから名づけられました。

硬度が高い種類である事からやや割れやすい為、釘打ちやネジ止めにはあまり適していませんが接着剤の使用に関しては全く問題ありません。
蜜蝋などのワックスで仕上げると紫色が際立ち、更に美しい仕上がりになります。
用途
ローズウッドは主に小物、家具、化粧単板、楽器、彫刻などの材料として使用されます。
特に家具材としては最高級品の材料となります。元々の色調が美しく、光沢も出やすく、丈夫な木材なので、特別な処理を行わずにそのまま使用しても十分実用に耐えうる材料だとされています。

木材アクセスランキング TOP10