木材博物館は国産材及び、世界中の木材の種類、特徴などをご紹介している木材図鑑です。

エンジュマメ科 | 広葉樹

エンジュの板
原産地
エンジュは元々、中国原産の樹木でしたが、現在は国内で植樹された事によって、日本全国の広い地域で見る事ができます。
比重
気乾比重: 0.63
強度
やや硬い
特徴
エンジュは樹高が15m、胸高直径が50~75cmほどの大きさに成長する木で、日本国内の木材業界において、単にエンジュと言った場合は「イヌエンジュ」を指します。この事からこのページで扱っている情報は全てイヌエンジュのものを掲載しています。また、本来のエンジュという種の樹木は現在、殆ど生育が確認できない状態となっています。

乾燥はやや難しい為、時間をかけて慎重に行う必要があります。
加工に関してはやや硬さはありますが、強靭で割れにくいという特徴を持っている事から、木工家を楽しませる優良な木材だと言えます。
耐久性は高く、腐りにくい為、保存性の高い木材です。また、磨くと美しい艶がでる事から仕上がりが良く、完成度の高い作品を作る事が可能です。

エンジュは現在、蓄積量の少ない貴重な木材となっていますが、北海道、東北地方では昔から魔よけのお守りとして床柱に使用するという習慣があるそうです。
エンジュの木
その他の名称
イヌエンジュ(犬槐)
学名:[Sophora japonica]
価格
高価
色調
エンジュの辺材は淡黄白色、心材はやや赤みを帯びた褐色で、色調が全く違うので、心材、辺材の境界を見つける事は特に知識のない人でも簡単にできます。
用途
エンジュは框(かまち)や床柱などの内装材や家具、小物の材料などとして利用されます。
また、折れにくく、割れにくいという特性を持つ事から、彫刻や細かい細工物の材料としても重宝されています。
木材アクセスランキング TOP10