木材博物館は国産材及び、世界中の木材の種類、特徴などをご紹介している木材図鑑です。

コクタンカキノキ科 | 広葉樹

コクタンの柾目
コクタンの板(エボナイト)
原産地
インド、スリランカ、ミャンマー、タイ、インドネシア、マラヤ、スマトラ、ボルネオなどの東南アジアに広く分布しています。
比重
気乾比重:1.16
強度
非常に硬い
コクタンの板
コクタンの木
その他の名称
エボニー、黒木、セイロンエボニー、マッカーサーエボニー、コロマンデルエボニー、カラマンダーエボニー
学名:[Diospyros spp.]
価格
希少
色調
辺材は灰白色で、心材は漆黒、または濃褐色および黒色の縞模様があり、金属的な光沢が見られます。
特徴
コクタンは最小の樹木の部類に入り、殆どの場合、樹高は4.5~6m、胸高直径は0.3~0.6mほどにしか成長しません。

コクタンにはセイロンエボニー(トゥルーエボニー)又はエボナイトと言われる漆黒のものとマッカーサーエボニー(マッカサル)に代表される縞模様のハッキリした種類があります。
一般的にはセイロンエボニーの方が希少でマッカーサーエボニーは次席という扱いです。

耐久性には大変、優れていますが虫害には注意する必要があります。

コクタンは成長が大変遅い事も特徴のひとつで直径が18cmになるのに200年かかるとも言われています。
大変、人気のある木材である事から乱伐が進み、その影響から現在では良材はあまりないとされています。
用途
コクタンの主な用途は床柱で仏壇や弦楽器の指板、ピアノの黒鍵などにも利用されます。お箸や道具の柄などの小物の材料にも使用される事もあります。
また、チェスの駒など比較的、小さな彫刻の材料としても有名です。

木材アクセスランキング TOP10