木材博物館は国産材及び、世界中の木材の種類、特徴などをご紹介している木材図鑑です。

ナラブナ科 | 広葉樹

ナラ板目
▲ ナラの板目
ナラの木
原産地
全国的に分布していますが良質の材が取れるのは北海道の北側、及び秋田県のみだとされています。
比重
気乾比重:0.67
強度
硬い
ナラ柾目
▲ ナラの柾目
その他の名称
ミズナラ
学名:[Quercus crispula]
価格
色調
辺材は白色で、心材は黄褐色。辺材、辺材の境界は明瞭で見分けやすい。
特徴
ナラは別名をミズナラといいアメリカなどで生育しているホワイトオークと同じ樹種になります。

ナラは裂けにくく硬いという性質を持っている事から、江戸時代までの日本においては木を裂いて製材するという方法しか知られておらず、ナラの木を木材にする事が困難だった為、木材として利用される事は殆どありませんでした。

しかし、その後、大型の製材機が普及、ナラの製材が容易になった事で硬くて強度のある良材だという事が知れ渡り、広く利用されるようになりました。

現在では「ジャパニーズオーク」の名で海外にも輸出されており、家具材として世界的にも大変、人気のある木材となっています。
用途
ナラは世界的な銘木として知られているオークのような強靭さと強度を持ち、外観にも風格がある為、主に家具の材料として利用されています。
また、ウイスキーの醸造樽の材料としても有名で、液漏れが起こらない上に導管孔からは微かに空気が入る為、まろやかな味に仕上がると言われています。

木材アクセスランキング TOP10