木材博物館は国産材及び、世界中の木材の種類、特徴などをご紹介している木材図鑑です。

シタンマメ科 | 広葉樹

シタンの板
原産地
ビルマ、カンボジア、ラオス、タイなどの東南アジア及びインドの南部に生育しています。
比重
気乾比重:0.82~1.09
強度
非常に硬い
シタンの木
その他の名称
ホンシタン
学名:[Dalbergia cochinchinensis]
価格
高価
色調
辺材は灰白色、心材は暗赤帯紫褐色で、心材、辺材の色調は全く異なる為、境界は見つけるのは至極たやすい。
特徴
シタンは非常に硬い木材で木理は交錯し、重硬なため、乾燥・加工性にやや難がありますが、正しい加工をした後は美しい仕上がりが得られる木材となります。

特に処理などを行わなくても虫や菌に侵されにくく、腐りにくい為、耐朽性は極めて優れていると言えます。

また、シタンにコクタン、タガヤサンを含めたものを「三大唐木」と呼んでおり、これらの樹木は昔から評価の高い樹種です。

日本では高級な内装材として知られている木でサイズの大きな木材は高価ですが、小物の材料となる木切れがホームセンターなどでも販売されている為、そういった意味では割と身近な木材だといえます。
用途
シタンは主に仏具、お箸、お椀、靴べらなどの小物の材料として使用されます。
また、内装材としては床柱として利用され、楽器の材料として使われる事もあります。

木材アクセスランキング TOP10